脱毛方法による違い

脱毛方法により、実感できる効果が変わってきます。それぞれの脱毛方法ごとに、期待できる効果を見ていきましょう。

自己処理は主に毛抜きやシェーバーを使います。家庭用脱毛器を使う事もできますが、多くの場合、毛を引き抜くか、剃るという方法です。毛を引き抜く方法は、毛穴にも肌にも負担をかけます。剃る時はカミソリの刃が、目に見えない細かい傷をつけるので、角質がダメージを負います。処理してもすぐに生えてくるので、脱毛するたびに負担がかかってしまいます。

エステサロンの光脱毛は、メラニン色素だけに反応する、カメラのフラッシュのような光を使います。肌や毛穴に負担をかけず、肌の奥にある毛根に働きかけ、毛根を萎縮させます。毛根が萎縮するので、毛は自然に抜けていき、生えるスピードが遅くなります。ただし永久脱毛効果は期待できません。ワックス脱毛は、水あめ状のワックスを使い、専用シートと一緒に引き剥がします。剥がす時に多少痛みを伴いますが、肌の古い角質も一緒に除去できるので、肌がスベスベになります。

クリニックの医療脱毛は、医療用レーザーを使います。こちらもメラニン色素に反応しますが、威力が強いので毛根組織を破壊します。破壊された毛根組織は再生できなくなるため、永久脱毛効果が期待できます。ただし威力が強いので刺激や痛みを感じやすくなります。